本文へ移動

いちごに関して

いちごとは・・・

甘くてジューシーないちごは、子供から大人まで大好きな食べ物で、一般的に"果物"と思っていますが、
農林水産省の区分では「果実的野菜(果菜)」に分類されるよです。
じつは果実と思って食べている部分は、花托(かたく)と呼ばれ、表面にある"つぶつぶ"が本当の果実ということらしいのです。
バラ科オランダイチゴ属に分類され、江戸時代にオランダ人によって伝えられたと言われています。

いちごの栄養と効能

いちごはビタミンC葉酸が豊富で、ビタミンA(βカロテン)などのビタミン類やカリウムカルシウムなどミネラル分も幅広く含まれています。
ビタミンCは100g当たり約60mg含まれ、5-10粒食べれば1日に必要な量を摂取できます。
ビタミンCは、疲労回復免疫力向上美白美肌などの効果があり、葉酸には貧血予防改善胎児の正常な発育を助ける働きもあり、女性などにもお薦めです。
さらに近年の研究成果では、いちごに含まれるエラグ酸アントシアニンなどのポリフェノールなどが、アンチエイジング眼精疲労の改善などに効果があるとされています。
また、いちごには糖分(ブドウ糖・果糖・ショ糖)の他にクエン酸リンゴ酸なども含まれ、エネルギー補給疲労回復にも効果が期待できます。
こだわりの栽培
"hirofarm"では新しい技術を積極的に取り入れ、品種改良にも取組んでいます。
皆さんに喜んでいただける "こだわりいちご" のために、減農薬で安全・安心ないちご作りを目指してまいります。
また、ハウス内環境データを解析し、いちごに最適な環境に制御することで健康で健全ないちごが育ちます。その結果病害虫に強くなり、美味しいいちごができるのです。

科学的な農業でいちごに最適な環境を作ってあげています

環境データに基づくサイエンス農業で、いちごに最適な環境を作ってあげています

↑ 環境データの例
近年の農業は、ハウス内外の環境データを基に作物に最適な環境を作る科学的な農業になってきました。
"hirofarm"では得意分野の環境制御やハウス関連機器のノウハウを生かしていちご栽培に取組んでいます。
温度や湿度・日射量・CO2濃度など、いちご栽培に大切な様々なデータを把握したうえで、いちごと対話しながら健康に育ててあげています。
ぜひ"hirofarm"の美味しいいちごを味わってみてください。
 

新技術への取り組み

クラウン冷却(加温)

↑ クラウン冷却(加温)システム
いちごの株元(クラウン)を冷却(加温)することで、花芽の分化や成長を促します。
真中が養液を流すチューブで、その両脇が株元を冷却(加温)するチューブです。

紫外線照射ランプ

↑ 紫外線照射ランプ
人には有害と言われる紫外線も、使い方によっては植物にとても良い影響を与えることがわかってきました。
人が入らない夜間の安全な時間帯に、ある種の紫外線をいちごに照射することで、免疫力がアップし、病気にかかりにくい丈夫ないちごになります。

炭酸ガス局所施用

↑ CO2の局所施用の配管
炭酸ガスは地球温暖化の問題から悪者になったりしますが、植物の光合成にはとても重要です。
しかしながら必要以上に炭酸ガスを施用することは環境問題や資源問題から好ましくありません。
"hirofarm"では、炭酸ガスを局所施用という方法で必要最小限の炭酸ガスをいちごに与え、効率よく生育を促しています。
施設園芸の先進国のオランダでは重工業地帯で排出される炭酸ガスをパイプラインで農業用グリーンハウスに運んで利用しています。
また、農業者が発電設備を持っていて自家発電し、余った電気は売電したりしますが、そこで副産物的に得られる炭酸ガスや熱エネルギーを利用して作物を作っています。
最近では日本でもこのような事例が出てきています。環境に配慮し、無駄のないエネルギー利用を実践することはとても大切なことですね。
 

安心・安全への取り組み

農薬をできるだけ減らす栽培を目指しています

天敵昆虫(Agrisect様HPより)
当社ではお客様の笑顔のため、農薬を極力減らす努力をしています。
IPM(総合的病害虫管理)と呼ばれる天敵を利用した生物農薬や、天敵に優しい農薬や殺菌剤・フェロモンなどを使用して、
減農薬でも品質・収量を安定させる、"作る人にも食べる人にも安全・安心な いちご作り"を実施しています。
写真は、いちごに病気を運んでくるナミハダニを退治してくれるチリカブリダニです。
もちろん環境に対する影響や、人や動植物への影響はなく、安心安全な防除方法です。

水を使った防除方法で苗の段階から病害虫を防ぎます

↑ 蒸熱処理装置
化学農薬に頼らず、いちご苗の病害虫を殺虫殺菌する蒸熱処理装置を導入しています。
冬季の施設いちご栽培では、外部からの病害虫の侵入は少なく、病害虫の主要な発生要因は苗から持ち込みの為、苗のうちにしっかり防除することで農薬の使用を減らすことが可能です。
 
2018年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2018年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 定休日
株式会社ヒロファーム
〒344-0026
埼玉県春日部市武里中野548-1
TEL.080-8153-1115
FAX.048-736-8181
1.いちご生産
2.いちご販売
3.いちご狩り
4.いちご加工品販売
5.いちご栽培
0
0
1
9
8
6
9
TOPへ戻る